その書類審査、本当に大丈夫?

特に新卒採用や第二新卒など、スキルや経験よりも人物やポテンシャルを重視した採用の場合、人事部の本音としては書類だけでは判断できないというケースも多いのではないでしょうか?

会わないと分からないコミュニケーション能力

経団連実施の採用選考時に企業が重視する要素は、10年連続で「コミュニケーション能力」が第1位となっています。
そのコミュニケーション能力は、インタビュー時の受け答えで判断されます。

しかし、大量のエントリーの中から限られたリソースで効率的に採用活動を行うためには、全ての候補者に会うことは現実的ではありません。
手間がかかりすぎるだけでなく、選考スピードが遅くなって他社に優秀な人材をとられてしまう。という結果にもなりかねません。

大量エントリー、大量カットはもう限界

これらの結果、企業はコストをかけて集めた大量のエントリーを、Webテストなどの画一的な基準でバッサリと切ってしまっています。
このようなどこかいびつな採用方法で、本当に自社に合う人材を見極めることができるでしょうか?