新卒採用の内定出しは年々早期化しており、早ければ内定から入社まで、実に1年近くの長い内定期間を過ごすことになります。
入社までのあまりに長い内定期間で、学生の気持ちに揺れや迷いも生じます。
「先輩たちとうまくやって行けるだろうか」、「もしかすると、もっといい選択肢があるのでは」…。
中には内定を辞退し、新たなチャレンジをする。そんなケースも出てきます。
内定者の漠然とした不安を解消し、モチベーションの高い状態で4月1日の入社に臨ませることが重要です。
そのためには、この会社でどんな人が働いているのか、そこで自分が何をすることになるのか具体的なイメージを伝えることが必要です。