英語をはじめとした外国語の検定テスト、新卒・中途ともに選考時の参考にしている企業が多いのではないでしょうか?
しかし、多くの日本企業が参考にしている英語検定は、スピーキングテストを含んでおらず、スコアは高いが会話ができないというケースが出てきます。
これでは実際のビジネスの現場で、その人材が活躍できるかどうかを判断することはできません。

それならば、英語で面接を行って判断すればよいのですが、採用担当者が必ずしもその言語をマスターできているとも限りません。