経団連実施の採用選考時に企業が重視する要素は10年連続で「コミュニケーション能力」が第1位となっています。

コミュニケーション能力は、多くの場合、面接時の受け答えや話す態度などで判定しているのではないでしょうか?

しかし、面接に参加できる面接官の人数には限りがあり、判断そのものも結果として面接官個人の感覚に頼ることになってしまいます。