学生はインターネットから“エントリーシートの一括送信”で、「とりあえずエントリー」し、その会社との相性は内定をとった後ではじめて熟考する。

そして、企業側も学生からのエントリーを大量に集め、集めすぎた学生をwebテストなどでバッサリ切る。

このようなどこかいびつな採用方法で、本当に自社に合う人材を見極めることができるでしょうか? 一方で、限られたマンパワーでエントリーした全ての学生に会うことは不可能です。